薬剤師の求人募集に応募して働き始めました

結婚と同時に退職をしました

現在は薬学部は6年制になっていますが、私が大学生だったときは他の学部と同じように4年間で卒業することが一般的でした。
4年間、大学受験に合格するために勉強していた以上に国家試験に合格するために学んだおかげで、薬剤師としての国家資格を得られるようになりました。
大学を卒業して、某化粧品メーカーの研究開発部門で働いていましたが、結婚と同時に退職をしました。
30年ほど前の事だということもあり、当時は結婚したら研究職であっても女性は退職することが当然だという傾向がありましたし、産休は取得できても育休などを取得するのは難しい職場でした。
本当はもっと働きたいという気持ちがありましたが、色々な事情から退職をしました。
夫は子育てがひと段落をしたら、また働いたらいいと言ってくれましたが、現実は厳しいものがありました。
薬剤師としての資格を生かして研究職につきたいと考えても、研究職は基本的に新卒採用に限定されていています。
仮に採用された場合でも正社員として働くことが前提になっているので、まだ小学生や中学生である子供を育てながら、働くのは無理だと考えました。
家族の協力があれば絶対に無理だということはなかったのかもしれませんが、その当時は、家族に負担をかけたくないという気持ちもありましたし、そこまでして働きたいのかと自問自答をするとそうでもないという結論に達したからです。

◇第二新卒の転職
薬剤師は、第二新卒であっても簡単に転職できます。

ただし、すぐにまた転職するハメにならないよう、徹底的に求人をチェックすることをオススメします。

ただし自力では厳しいです。

複数の転職サイトのコンサルタントを使って調査してもらうと、非常に効率的です。

— 薬剤師求人相談 (@yakuzaishi_job_) 2018年2月12日

結婚と同時に退職をしました薬剤師の求人情報をチェックしたやりがいがあって毎日が楽しい